被害を与える鳥の追い出し|刺されないためにハチ駆除はプロの業者に任せる

刺されないためにハチ駆除はプロの業者に任せる

ウーマン

被害を与える鳥の追い出し

はと

習性を知る

鳩がベランダの室外機の陰に巣作りをするのは外敵がいないことと雨風を防ぐことができるからです。しかし、いきなり飛んできて巣作りを始めるわけではありません。巣作りをするために安全な場所かどうか何度も下見に来ているのです。鳩の姿をよく見かけると感じたら直ぐに対策を始めましょう。鳩は執着心が強い鳥なので、気に入れられてしまうと追い出すことが難しくなります。気に入られてしまう前に自分でできる方法を試してみましょう。鳩対策で見かける緑色のネットを張る場合は隙間が出来ないように張らないと簡単に入り込んできます。また、緑色のネットは目立つため、見た目が気になるという方は透明の目立たないネットを利用すると良いでしょう。

法律で守られている鳥

鳩が住み着いてしまうと糞の量が増えアレルギーや病原菌を媒介する原因にもなります。鳩が巣をつくる前に追い出してしまうのが一番良い対策なのですが、住み着いてしまうと簡単には出ていきません。追い出したいからと言って鳩を傷つけるような対策をすると違法になります。実は、鳥獣保護法によって守られているため被害にあっているからといって勝手に捕獲して処分できないのです。被害にあっている場所の自治体に申告して許可を貰う必要があり面倒な手続きが必要です。また、鳩には帰巣本能があるので簡単な駆除対策では追い払うことは難しいと言えます。個人でできる対策は鳩を見かける程度の初期段階で、それ以降は駆除対策のプロに任せることをお勧めします。