刺されないためにハチ駆除はプロの業者に任せる

男の人

毎年依頼が多い

蜂

まれに死亡する

業者への駆除の依頼が多いのがスズメバチです。スズメバチにも種類があり、大型のオオスズメバチから小型のキイロスズメバチまで、日本には数種類のスズメバチが生息しています。オオスズメバチやキイロスズメバチは、人家の周辺に巣を作ることも多いため、人が刺される被害も多発しています。スズメバチの毒は強力なので、まれに死亡することがあり、非常に危険です。刺された場合、適切な応急処置を行って、病院に行く必要があります。オオスズメバチは、7mm程の針を持ち、防護服を貫通して刺されることがあります。ハチ駆除は、業者にとっても体を張った危険な作業なのです。業者はハチ駆除に際し、ハチの種類によって最適な駆除方法を選び、的確に駆除します。

煙幕やスプレーを活用

雨の少ない年は、ハチの生存率が上がり、巣が巨大化する傾向があります。スズメバチが元気に飛び回る10月は最もハチ駆除の依頼が多くなります。オオスズメバチは低空で飛んで人を刺すので、巣が高いところにあるからと安心してはいけません。夜になるとすべてのハチが巣に戻るので、日が落ちてから巣に煙を流入し、動きを封じます。そして、大型の吸引機でハチを吸い取りながら駆除します。キイロスズメバチの場合は、スプレータイプの殺虫剤が有効です。巣の奥までスプレーを噴射し、ハチを弱体化させてから巣を撤去します。このように、ハチ駆除ではハチの習性を利用することが効果的です。専門業者は、種類によって方法を使い分けて適切に駆除します。

ゴキブリを見たくない時は

ゴキブリ

ゴキブリ駆除をするには侵入経路を塞ぐことと成虫だけでなく卵を全滅させることが重要です。市販されているゴキブリ駆除用のものを使っても駆除できますが、ゴキブリの数が多い場合はゴキブリ駆除のプロに任せることも検討してみましょう。

もっと見る

業者に任せましょう

蜂

蜂の巣がある場合には、専門の業者に駆除を依頼しましょう。自己判断で行なうと危険だからです。業者によっては、24時間対応で受け付けてくれているので、何かあればすぐに対応してもらえます。

もっと見る

被害を与える鳥の追い出し

はと

鳩には帰巣本能があることから一度気にいった場所には何度も巣作りします。また、鳥獣保護法で守られているので勝手に傷つけて処分することは禁止されています。鳩対策で困った場合はプロに相談したほうが解決が早いと言えます。

もっと見る